3月

18

質素だけど良いお通夜でした。

家族ぐるみで仲良くしている住職さんの身内の方に不幸があったので、夫と一緒に通夜に参列してきました。

お寺さんの葬儀というのは初めての体験でした。
一般の人たちの葬儀が年々派手になって来ていますか
ら、本職の葬儀はさぞかし派手なのだろうなあと思っていたのですが、意外や意外、質素で実のある通夜でした。


参列者にはお寺関係の人が多く、参列席のあちこちからお経を読み上げる声が響いて荘厳でした。

一糸乱れぬ見事なハーモニーは素晴らしいものでした。
一応、私も仏教徒なのですが、お経はまったく
知らないので、何だか異教徒みたいで申し訳ない気持ちになってしまいました。

それにしても、虚飾に走らない、とても感じの良いお通夜でした。

亡くなった人を送るのって、本来、こう有るべきなのでしょうね。


Comments are closed.