2月

3

きれいな肌に憧れるということ

女優肌、というものに未だに憧れます。
私の肌はもともとシミとかできやすくて、ぜんぜんマットな質感の女優っぽい肌にはなれそうもないです。

無いものねだりだから、余計に憧れるのかもしれないです。
黒砂糖を焼酎で溶かして、それを肌に塗るといいらしい、という話を聞いたことがあります。

白くて若々しい肌になるらしいです。
ほんとかよ、という感じですけれど。


一度試してみる価値はあるかもしれないですね。
焼酎では無くて、日本酒でも良いらしいです。

うちには酒好きなダンナがいるのでどちらもあります。
民間療法的、と言いますか、分かりやすい材料で美容に貢献できるというのは素敵なことだなあ、と感じます。

これからは素肌美人を目指してみたいと思っています。


Comments are closed.